Entry: main  << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Endless SHOCK2009レポ 【3/1 昼の部 第1幕】
3月1日昼の部のレポです。
覚えてる範囲ですが、前回との変更点、アドリブを中心に書きたいと思います。

ネタバレになるため、ネタバレOKな方のみ続きへお進みください。

※語尾など記憶が曖昧な部分が多いため、間違ってる可能性もありますが、ご了承ください。
◎オープニング

今年は生オケが入ってます!
そして、オープニングの指揮者は光一さんではありませんでした。
光一さんはSHOCKメドレーが流れる中、大階段から登場。
登場後は、『皆様、Endless SHOCKへようこそ、堂本光一です。SHOCKは昨年菊田一夫演劇賞を受賞させていただきました。これから皆様をEndless SHOCKのストーリーへご案内いたします。ごゆっくりお楽しみください。』という簡単な挨拶がありました。

そして、光一さんと入れ替わるようにして、植草さんが登場します。

◎オーナー登場後

今回、オーナーは客席を歩きません。
なので、毎年恒例だったお客さんに『今日はどちらからお越しですか?』と聞く場面もなし。
舞台上で、『当劇場オーナーのウエクサです。』と挨拶。そして『コウイチという磨けば磨くほど光る原石を見つけました。』とコウイチについても触れていました。
そして『昔の自分とは大違い』とも言っていて、思わず笑ってしまいました・・・植草さんすみません(苦笑)
その後はお化けが出るという噂が・・・となり、その後『今から千秋楽の幕が上がります』というセリフがあるのですが、その時実際の舞台上では幕が下りてきている状態なため、『あっ、今幕下りてきちゃってますねー』という笑いを誘うセリフもありつつ・・・ショーに移ります。
あと、今回ヤラがピアノを弾いて自己紹介をするという場面もなくなっていました。

◎So Feel It Coming

ヤラの衣装が青から紫へ変更。

NEW HORIZONの時にステッキを使って踊る場面は変わらずありましたが、踊るメンバーが、コウイチ・ヤラ・マチダ・ヨネハナの4人に変更。
オーナーはこのショーに出てきません。
マジックは、車の色が白から赤へと変わっていました。

◎舞台裏(乾杯)のシーン

ここは大きく変更あり。
『でも、コウイチの登場シーン。あれは焦ったよな』というヤラのセリフはそのままで、それに対してリカが『あれはコウイチのミスじゃないでしょ』と返します。
それにコウイチは『千秋楽なんだし、誰がミスしたとかそういう話はやめよう』と言葉を発し、オーナーも登場。
そのまま新曲の「Yes,We can」へ。
この時コウイチとウエクサがソファーに座り、カンパニーのみんなが周り集まって一緒に歌ってます。
あと、今回コウイチは舞台衣装のままです。(白のスーツ)
前みたいに、モップとか持ってません(笑)
それと、このシーンのどこかでコウイチが「しょゆこと」って言ってた(笑)

歌い終わった後、次のショーの話に。
コウイチ『俺はシェイクスピアをやりたいと思ってる』
その発言にカンパニーは驚きの声をあげます。
ヤラ『俺は反対だぜ。だって俺たちの売りは華やかなショーだろ!芝居だけのシェイクスピアなんかやったら、今のお客さんが離れて行っちゃうかもしれないんだぜ?』
コウイチ『そうかもしれないが、俺は原点に戻ってみたいと思うんだ』
そんな話にウエクサは見守る姿勢を見せます。

その後、コウイチは屋上へ行ってしまい、それを追いかけに行くリカ。
そんなリカをヤラは指輪を持ったまま呼び止めます。
しかし、リカはそのまま屋上へ。
そしてヤラは、リカは自分をトモユキと呼ぶから気があると言うんですが、その話を聞いていたのかオーナーから『うちの娘に手を出したのか!!』と(笑)
ここでお父さんっぷり発揮!笑
『いえ、出してません!』と焦るヤラ。
そして、『手を出さないよう、俺が見張ってます』とマチダとヨネハナ。

その後、一人残されたオーナーの元にブロードウェイの人が。
『マイケル?・・・あっ、違いますね』とウエクサ(笑)

そしてブロードウェイの人とそのまま舞台袖へ。


◎屋上のシーン

リカがネックレスを千秋楽のお祝いということで渡し、『これからもみんなを引っ張っていってね』というセリフに変更はなし。
ただ『俺一人が引っ張ってるわけじゃないさ』的なセリフがなかった。
なくしたのか・・・光一さんが言い忘れたのか、なぞ(笑)
あと、『どうして屋上で練習してたの?』という問いかけの答えは、今までは『オーナーの父親に見られたくなかったから』ということでしたが、今回は『NYのパワーをもらえるような気がしたから』という風に変わっていました。

他のセリフ(それぞれが観たいミュージカルの名をあげたりするセリフ)は変更なしで、『じゃあ(じゅう)三時に公園で』と言ったあとに、酔っぱらったウエクサが登場。
確か、腕で3時を表してた気がする(笑)
『お父さん!お酒飲めないのに、こんなになるまで飲んで・・・』と、ここではリカの娘っぷりが見られました。
そして、オーナーが話があると言ったものの、みんなそそくさと退散。
その後、オーナーが『コウイチー。おーいコウイチー。コウイチくーん』と酔っぱらった声で呼ぶんですが、この声が良い!笑
そして『なんなんですか?』とコウイチが戻ってきます。
しかし、ここでハプニング発生!
何も喋らないウエクサに『どうしたんですか?』とコウイチが尋ねると『舌噛んじゃった』とウエクサ(笑)
植草さん曰く、『コウイチくーん』の『くーん』の時に噛んでしまったそうで、もうここから、なかなか芝居に戻れない2人(笑)
普通に素でお喋りしてた感じでしたよ(笑)
コウイチ『大丈夫ですか?』←ちょっと笑いを含んでるような、心配してるような声(笑)
ウエクサ『痛いけど、頑張って喋るよ』
で、芝居に戻ろうとするんですが、本当に痛そうでなかなか喋れず(笑)
そしてとうとう『ねぇ、血出てない?』と光一さんに舌を見せて確認してました。
そしたら植草さんの舌を覗き込み、『ちょっと切れてますね』と光一さん。
もう、ほんとここ笑いが止まらなかった!!
いや・・・笑っちゃいけないことなんだけどさ、ここのやり取りが普通に先輩と後輩って感じで、素が見れた気がしました。
その後は頑張って持ち直そうとします。
ウエクサ『真面目な話があるんだ』
コウイチ『真面目な話・・・できますか?』
やっぱり2人とも笑っちゃって、芝居に戻れず(笑)
ウエクサ『2人で話したいことがあるんだよ』
コウイチ『それって、そっち系ですか?』
またまた爆笑(笑)
コウイチ『それと、さっきの3時・・・あれ9時ですよ』←腕で時間を表した時のこと
ウエクサ『あぁ・・・そっか(笑)』
なんてやり取りもあってほんと、ここのシーンを笑ってばっかでした。
そしてやっと芝居に戻る2人。

ウエクサ『お前は本当に成長したな』
コウイチ『酔った勢いで褒められても嬉しくないですよ』
ウエクサ『なぁ、もしも・・・大きな劇場でやれるとしたら、お前は行きたいか?』
コウイチ『劇場の大きさは関係ないです。』
ウエクサ『そうか・・・』
そして、コウイチがいなくなります。
ウエクサ『送り出したい気持ちもある。しかし、自分を見失わなきゃいいんだが・・・』


◎ブロードウェィの街

やっぱりコウイチだけが13時に来てます(笑)

そしてみんなが来ます。
コウイチ『お前ら遅刻かよー。じゃあ(じゅう)さんじって言っただろ』
ヨネハナ『じゃあ3時じゃん』
と言いつつ、ヨネハナが腕で3時のポーズ。
コウイチ『おっ、それはちゃんと3時だ』←植草さんが間違ってたからか、あえて言った感じ(笑)

その後、みんなで踊るシーンや、ナオキさんの登場の仕方に変更はなし。
それから、新聞にコウイチの写真があることを発見。
新聞のコウイチの写真は去年と変わらず。
そしてオーナーが登場します。
コウイチ『何してるんですか!!』
ウエクサ『いや、病院に行っててさ・・・』←舌を噛んだネタを引きずる植草さん(笑)
コウイチ『あっ、だから遅かったんですね』←そして納得するコウイチ
リカ『それよりお父さん!コウイチの写真が!!』
ウエクサ『昨日な、インペリアル・ガーデン・シアターの人が来て、うちでショーをやってみないかと言われたんだ』

その言葉に喜ぶカンパニーたち。
『これもコウイチのおかげね』というリカの言葉に、『お前は黙れ!』とヤラ。
ここのヤラの声、怖かった(・・・)
セリフに関しては大幅な変更なし。
ただ、みんなが去った後、コウイチとウエクサだけが残り、2人で会話するシーンが増えました。

コウイチ『昨日の話、本当だったんですね』
ウエクサ『あぁ。お前は行きたいか?』
コウイチ『あいつらのためになるんだったら、俺は行ってみたいと思います』
ウエクサ『そうか。みんながそう言うなら俺は応援する。ただ、周りが見えなくなったらおしまいだぞ』

そしてコウイチもいなくなり、オーナーが『あれから半年、ブロードウェィの幕がいま開く』となります。

こういったコウイチとオーナーが2人で会話するシーンが増え、コウイチの心情が見えるようになった点は、大きな変化かなと・・・。


◎オンブロードウェィ

AMERICAの振りは前回と同じ。

ここでの大きな変更点は、オーナーが一人でタップをやるシーンが加わったこと。
そしてオーナーとリカが一緒に踊るシーンがなくなったこと。
タップ・・・植草さん、頑張っておられました!!素敵でした!!
最後は、リカやマチダ、ヨネハナも加わって1列に並んでタップ。

Love and Lonelinessは変更なし。

イタリアのロープ回しは変わらずヨネハナ。
ただ、コウイチの衣装に変更あり。
黒のタンクトップの上に、きらきらした白の服を羽織っていました。
それが、またまたハプニングに繋がってしまいました(・・・)
ロープを回している準備段階の時から、羽織っている衣装が脱げはじめ・・・ロープから離れて回転する時には、衣装が脱げている状態で見ていて危なっかしかったです。
体に服が巻きついちゃう感じで・・・。
光一さんもすごくやりづらそうで・・・回転が終わってロープを掴んだ後も、少し衣装を直しつつ、ロープから降りて行く感じでした。
しかし、衣装は直り切らず、全員で踊るシーンも踊りづらそうにしてました。
・・・衣装、前回のままで良かったのに、と思わずにはいられなかった・・・。


そしてカンパニーの心がバラバラになるシーン。
ヨネハナ『コウイチ!ロープのタイミング大丈夫だったか?』
コウイチ『あぁ・・・服が脱げた以外は大丈夫だ』
光一さん・・・衣装戻そうよ・・・←

コウイチ『それより、さっき変なおじさんがタップやってなかったか?』
するとオーナー登場。
オーナー『いやぁ〜ついね』
カンパニー『オーナー!!』
リカ『お父さん!!何してるよの!!』
ウエクサ『なんかさ、YOU出ちゃいなよって言われて』←ジャニーさんネタキター!!笑

ウエクサ『お前もYOUって言われたことあるだろ?』
ヨネハナ『あ、あります』
なぜか米花くんに振る植草さん。笑
ウエクサ『なんでYOUって言うんだろうねー』←結構ジャニーさんネタ引っ張ってたよ!笑

その後、ヤラがスタッフに怒りを露わにするシーン。
大体セリフは同じ。
毎年思うけど、このシーンの光一さん怖い・・・苦笑

今回は、マチダが『戻りたい』というようなことを言っていました。
それに対しコウイチは『戻りたいやつは勝手に戻ればいい。俺はもう新しいショーを考えてる。』
その後、『もう?』みたいな会話が入るのは前回と変わらず。ただ、『そんなにこのショーにこだわってるなら俺抜きでやればいい。なんなら、俺の場所をお前にやるよ、ヤラ』みたいなセリフが入ってました。
あと『お前が毎日毎日、ああした方がいい、こうした方がいいって変えてくから、みんな困ってんだよ!』みたいなヤラのセリフもありました。

そしてベルがなり、『さっ、2幕が始まるぞ。みんな準備しろ』とオーナー。
リカは『私は何があってもコウイチについて行くから』と。
そしてその場を動かないリカに『お前も早く準備しろ』とオーナーが言います。
今までこのセリフはコウイチが言っていたのですが、今回はオーナーが言っていました。
また、『走り続けるって疲れないか?』のセリフは、今まではヨネハナが言っていましたが、今回はオーナーのセリフに。

そして、残ったのはコウイチ・ヤラ・オーナーの3人。
ヤラは『Show must go onかよ・・・』と化粧台のそばにあった剣を見て呟きいなくなり、コウイチとオーナーの2人に。

オーナー『やっぱりお前たちにはまだ早かったようだな。』
その言葉にコウイチが反発するかのように言葉を発します。
コウイチ『オンからオフへ逃げたあなたに言われたくない。』
ウエクサ『そうかもしれないな。でもな、周りが見えなくなったらおしまいだぞ。お前には仲間がいる。ひとりではショーは続けられない。そのことを忘れるな』

そんな会話が追加され、その後Japanesqueへ。


Japanesqueでは、オーナーは出てきません。
殺陣は大きな変更はなかったかのように思います。
ただ、セリフが追加されてました。
コウイチ軍とヤラ軍に分かれて戦ってるときコウイチが『この戦いを終わらせる!みんなで生きて帰るんだ』という言葉を発します。

階段が登場した後の変更点は、予備の刀を渡すのがマチダということ。
マチダから刀を受け取ったコウイチは本物の刀だと気づき、マチダを見ますが・・・そのまま階段に刀を刺し、ヤラに取らせます。
ヤラに刀を取らせる時、『・・・抜けよ』的なセリフが入り、コウイチがヤラを挑発したことが分かりやすくなっていました。
そして、階段落ち。
これは何度見ても慣れない・・・。


そんな感じで1幕のレポは以上です。
2幕は次の記事にて。
| コンサート・舞台レポ | 01:32 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 01:32 | - | - |
Comment








   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
qrcode

Recommend

39(初回限定盤)(DVD付)
39(初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
KinKi Kids
futariからの39が沢山詰まった素敵なアルバムです。

Recommend

どーもとモード (新潮ムック)
どーもとモード (新潮ムック) (JUGEMレビュー »)
KinKi Kids
つよの愛犬ケンちゃんも登場。2人の色んな面が見られる1冊です。

Recommend

若葉のころ DVD-BOX
若葉のころ DVD-BOX (JUGEMレビュー »)

友情をテーマにした、2人の共演作。