Entry: main  << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
SHOCK私的感想(笑)
ここからは私的感想となります(笑)
舞台の内容を知りたい方は、下の記事をお読みください。

では、私的感想いきたいと思います(笑)
あっ、長いので・・・お気をつけくださいね(苦笑)
まず、軽く行動記を。

朝、9時30分過ぎの電車に乗り、日比谷へ。
10時30分頃に日比谷駅到着。
そのまま帝劇には向かわず、まず座長スペを食べに向かいました♪
お店は11時開店なのですが、10時40分頃に入れました。
で、入ってまずKinKiの曲が延々と流れていることにびっくり(笑)
そしてSHOCKのポスターとポテロングのポスターが貼ってあり、さすがこの時期というだけあって、徹底されてるなぁ〜と関心(笑)
そして、初座長スペ!!
はい・・・初めてだったので嬉しすぎて興奮しすぎて、すぐがっついてしまい・・・写メるの忘れました(爆)
ってか、びっくりだったのが・・・座長スペが出来上がる早さ!!(笑)
私は開店と同時に入ったのでそこまですぐに出てこなかったのですが・・・開店して少し経ってから入ってきたお客さんで座長スペを頼むと・・・1分で出てきましたよ(笑)
さすが・・・用意が良いな〜とまたまた関心(笑)
で、肝心のお味の方は・・・すごく美味しかったですvv

そしてお店を出たのが11時過ぎ。
そのまま帝劇に向かって・・・まずは外のポスターを写メって、外に並ぶこと約10分。
早めに帝劇内に入ることが出来ました。
で・・・噂の荷物検査。
今回厳しいと聞いていたので、時間かかるのが嫌だった為、カメラやMDポータブル、ポーチは持っていくのをやめました(苦笑)
そのおかげで、別に何も聞かれることなく、開けられることなく、すぐに終わったので良かったですvv
ただしっかり鞄の奥まで手を入れて確認してました(^^;)

それからすぐに2階へ行って、グッズ購入。
パンフ、ポスター、カレンダー、写真7枚をお買い上げ。
写真頑張って抑えたぞ!!(笑)
グッズの感想は長くなるのでまた次回にでも(笑)

で・・・ついに1年振りの観劇!!
では、ここから舞台に関しての私的感想です(笑)

今回は前回とそこまで大きな変更点はありませんでしたが、カンパニーに大倉君が加わったことで印象が変わったかな。

まず、舞台全体の感想としては・・・ありきたりですがやはり【凄い!!】この言葉がどうしても出てきてしまいますね。
殺陣やパーカッションなどパワーアップしている部分もありますし、何よりもやはりストーリーに一瞬にして観客を引き込む力のある舞台です。
今回は、キャストの変更もあったため・・・正直大丈夫なんだろうかという気持ちがありました。
それが強かったのか、始まる前、そして観劇中、今までで一番緊張している自分がいた気がします。
あと、やはり私がどうしても毎回緊張してしまうのは、光一さんの台宙と、逆さ吊りになって片足をロープに引っ掛けてのフライングですね。
光一さんの台宙は心配はほとんどないのですが・・・やはり緊張してしまうんです(苦笑)
あと、フライングは緊張もしますが・・・やはり観ていて怖い(汗)
あれが無事終わると心の底からほっとします(苦笑)

そして各キャストの感想。

まず、初参加の大倉君。
本当に歌も、踊りも、演技も一生懸命頑張っていた・・・そんな印象でした。
今回、支配人役ということで・・・観客側からは、アッキーと比べられてしまうかもしれません。
でも、彼は彼らしい支配人役を演じていて、光一さんが言っているように、Endless SHOCKに新しい風を吹かしてくれていました。
途中、声が裏返ってしまったり、ガラガラになってしまったり、踊りがまだ追いつけていない面もあったりはしたけれど、日に日に良くなってきているという言葉を目にするので、これからもっともっと成長するんじゃないかな、と期待してますvv
きっと初めてのことも多かったと思うのですが、すごく努力したんだなぁ〜というのがひしひしと伝わってきて、心から大きな拍手を送りたい・・・そう心の底から思いました。


次に町田君。
SHOCK前に体調を崩し、入院されていたので・・・少し心配でしたが、元気な姿が見れて安心しました。
今回コウイチ好きは少し抑え目なのですが(笑)、ところどころに上手く表現しているので、さすがだな〜と思いました。
それと、町田君の演技。
ヤラの告白シーンでの「俺たちさぁ、みんな仲間じゃなかったのかよ」の町田君のセリフ・・・本当に心に響きます。
もの凄く感情がこもっていて、観に行く度に素晴らしいなと・・・。
ダンスは言うまでもなく綺麗ですし、安定感があるなと感じます。
町田君、これからも光一さんのことを、よろしくお願いしますvv(笑)

続いて米花君。
町田君と同様踊り、演技に安定感があり、またアクロバットには目を奪われます。
そして今回はロープ回しもやっている米花君。
見ていてやはり大変そうな印象は受けるのですが、しっかりと光一さんを支えてくださっている姿に、心からありがとうを伝えたい気持ちでいっぱいです。
ワイヤーを付ける面でもそうですし、体重管理もしてくれている米花君・・・SHOCKには欠かせない存在です。
米花君、これからもどうぞ光一さんをよろしくお願いします。
そしてロープ回し、大変だと思いますが・・・頑張ってください!!


今回ライバル役を演じている屋良っち。
私が受けた屋良っちのライバル役の印象は、コウイチに対するライバル心が今までで一番強く濃く出ていたということです。
自分が1番になるんだ!コウイチには絶対に負けない!!
そんな気持ちが上手く、演技、踊りによって表現されていて、真っ直ぐに心に伝わってきました。
踊りは過去のライバル役の中で一番上手いのではないか・・・というくらい上手で、キレがあって素敵でした。
そして何よりも驚いたのが、演技。
初めてじっくり屋良っちの演技を見たのですが・・・声はすごく良く通るし、表現力の素晴らしさに感動し、心を奪われました。
それから殺陣。
去年よりもさらにパワーアップしていて、一瞬たりとも目が離せない。そんな素晴らしい殺陣でした。
あの殺陣が出来たのは、やはり屋良っちの力量だと思います。
そんな激しい殺陣や、踊り、気持ちが真っ直ぐに入っている演技を魅せてくれている屋良っち・・・やはり動く量が以前よりも違う分、痩せてしまっていたし、体調の方も心配ですが・・・千秋楽まで、怪我、病気に気をつけて走りぬいてください。

そして今回ヒロイン役のRiRiKAさん。
さすが元宝塚出身の方ということだけあって、演技も踊りも歌も安定していて、素晴らしいな、と思いました。
ただ、今回のリカはカンパニーの妹的存在というよりも、お姉さん的存在に見えてしまいました・・・。
それは、やはり落ち着いた演技だったからかな・・・と私は思っているのですが。
あと以前よりも、コウイチが好き!!という気持ちも抑え目だったかな・・・。
でも、RiRiKAさんなりのリカだったと思うので、こんなリカもありかな・・・なんて風に思っています。
あと、夜の海では素晴らしい踊りを魅せてくださって・・・感動しました!!
今までにヒロイン役が夜の海で踊ったことはなかったので・・・。
あの場面でよりカンパニーの一体感を感じられて、ますます夜の海が好きになった瞬間でした。


そしてそして・・・座長である光一さん。
まず歌。
一緒に行った母も言っていたのですが、年々上手になっていっている気がします。
N.Y NightやContinueなど聴かせる歌での光一さんの歌唱力に、本当に心を奪われ、聴き入ってしまいました。
踊りも、年々上手になられていて・・・元々すごく上手でキレがあって形も綺麗なのですが、今年はそれにしなやかさが加わっていて、ますます引き付けられる踊りになっていました。
演技も、声の強弱や表情など去年よりも素晴らしく・・・すっとコウイチの気持ちが心に入ってきます。
そして、Endless SHOCKになったばかりの頃は、コウイチという存在は神的存在という印象が強かったのですが、年々人間味のある役になっていっていて、今年のコウイチはそれがより良くなっていました。

このEndless SHOCKという舞台は、光一さんの舞台にかける熱い気持ちが真っ直ぐにお客さんの元へ届けられ、そして感動や勇気、様々なメッセージを与えてくださっている気がします。
私も毎回観に行くたびに、観終わった後、目には見えない・・・だけど大きな何かをEndless SHOCKという舞台から、カンパニーの皆さんから頂いています。
それが私の原動力となり、背中を押してくれているんです。

今回、SHOCKが始まって以来初の中止という事態が起きてしまったことにより、座長である光一さんは色んな場所で謝罪の言葉を述べられています。
それを聞く度に、そんなに謝らないで・・・そんな気持ちでいっぱいになりますが、それと同時に光一さんの責任感の強さ、お客さんへの誠意ある言動を見て、ますます光一さんに対する尊敬の気持ちが大きくなりました。

今回でEndless SHOCKを3回観劇したことになりますが・・・毎年少しですが、違った印象を受けます。
ライバル役、リカ役は毎年変化があって、それが違った印象を与えているんだな、と毎年思います。
その役自体の根本的なものは変わっていないけれど、演じる方の解釈によって少しずつ変化が見られる。
そこもまた、この舞台の魅力なんだな・・・と感じます。

これは、私の個人的な解釈なのですが、Endless SHOCKという舞台にはきちんとした土台というものがあるけれども、真っ白な色で染まっていて・・・その真っ白な色に、新しく入った出演者の方と、そして以前からの出演者の方たちが色をつけ、毎年違った色に染めていくのではないかと・・・。
だから、毎年少しずつ印象は変わるし、感じ方も違う。
それは出演者の変更のみだけではなく、踊りの変化、曲の変化も大きく関係していると思うし、また、セリフの変更、セリフの言い回し方1つでも舞台の色が変わる。
そういうことを考えると、本当にこの舞台は出演者、スタッフの皆さんで作り上げられている素晴らしい舞台なんだなと思います。
そんな素晴らしい舞台だから、毎年ストーリーが同じでも、大きな変更がなくても観たいと思うんだな・・・と思います。
実際、私もその中の1人です。

毎年、この舞台を観に行き終わると、色々なパワーをもらいます。
もっと頑張らなきゃ、とも思えるし、色んなことも考えさせられます。
限界まで走り続ける光一さんやカンパニーの皆さん、スタッフの皆さんの姿を胸に、これから自分なりに頑張りたい・・・そう強く今思います。
私も4月から大学生。
ゆっくりでもいいからやりたいことを見つけ、光一さんのように誇りの持てるものを手に入れられるよう、頑張ります!!




もうすぐで長丁場の舞台も折り返し・・・千秋楽まで何もトラブルがなく、最後まで誰も怪我や体調を崩すことなく、カンパニー全員が毎日の舞台を笑顔で終われますように。

今年もまた、あの素晴らしい舞台を観に行けたこと、本当に幸せに思います。
光一さん、カンパニーの皆さん、そしてスタッフの皆さん・・・心から感謝の気持ちでいっぱいです。
素敵な、素晴らしい舞台を・・・本当にありがとうございました。




長々とここまでお読みくださり、ありがとうございました。
| 堂本光一 | 00:33 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 00:33 | - | - |
Comment








     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
qrcode

Recommend

39(初回限定盤)(DVD付)
39(初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
KinKi Kids
futariからの39が沢山詰まった素敵なアルバムです。

Recommend

どーもとモード (新潮ムック)
どーもとモード (新潮ムック) (JUGEMレビュー »)
KinKi Kids
つよの愛犬ケンちゃんも登場。2人の色んな面が見られる1冊です。

Recommend

若葉のころ DVD-BOX
若葉のころ DVD-BOX (JUGEMレビュー »)

友情をテーマにした、2人の共演作。