Entry: main  << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
We are Φn' 39!! and U? KinKi Kids Live in DOME 07-08  12/30 MCレポ-【2】
12/30のMCレポの続きです。

前の記事よりも遥かに長いです(苦笑)
光『えぇ〜KinKi Kids、話が長いんでね、皆さんお座りください』

光『こうして見るとね、年齢層が広く・・・若い人からそうじゃない人までいますねぇ。お母さんとかね、照明があたると顔隠すんですよ(笑)例えばね、僕がここに来ますと・・・』←光一さんアリーナBCブロックあたりへ歩き出す。
光『ねっ、照明が当たるんですよ』
そして光一さん、客席で観客のお父さんを発見。
光『あらっ、お父さん』
剛『おぉ〜』
光『ピースしてくださって、ありがとうございます。本当にね、幅広い年齢層で・・・』
剛『ほんまにね』
光『結構ね、地方から来てくれてる人もいて』
すかさず剛さん、観客に話しかけます。
剛『どっから来たんですか?』
客『奈良』
剛『奈良!?ほんま!?奈良のどこ!?』
剛さんテンション上がりまくり(笑)
客『あやめ池』
剛『めっちゃ近いやん!!嬉しいわぁ』
光『兵庫から来た人おる!?』
客『はぁ〜い!!』
光『ほんま!?嘘やろ(笑)』
光一さん全然信じてませんでした(笑)

剛さんが、3塁側にいる時に・・・

光『こうやって見ると、お前遠いな〜。でも、こうやってステージ上にいるとおっきく見えるでしょ?MCになると小さくなんねんけど(笑)』
剛『実際ね、僕らこう見えても2メートル11と、2メートル9ありますから(笑)』
光『KinKiかチェホンマンかっていう感じでね(笑)』

光『あぁ〜でもHarmony of Decemberの時、危なかったわぁ』
剛『俺ずっとどきどきしとったわぁ。歌ってる時こうやん?』
この時2人背中合わせになりました。
剛『せやから、何かやってるんちゃうかって、ほんまどきどきしとったわぁ。乾いた北風に〜♪』
光『北風が、や!』
剛『あっ、そうやった!(笑)』
会場大爆笑

つよが間違えるって珍しいよね!
光ちゃんは多いけど(笑)

ここで、SHOCKの話が出て、子供の頃の声を9歳のジュニアがやっているという話あり。
あと、カウコンも同じく10年目という話も。

光『そうそう、今年はHey!Say!JUMPというグループがね、デビューしまして』
剛『えぇ』
光『サンチェさんにね、Hey!Say!JUMPって知ってる?って聞かれて、あぁ、少年JUMPね。って答えました』
会場爆笑
光一さん、どんだけ〜!笑

光『堂本兄弟にもね、来てくれましたけれど・・・まだ全員の名前覚えてませんねぇ。それにみんな若いね〜。前堂本兄弟来てくれた時にね、昭和って何時代?って感じ?って聞いたら、はいって言われました(笑)』
剛『いや〜でも、平成って響きは昭和より良いですよね。平成!って感じで』


光『というわけでね、さぁ、ここで一気にステージを若返えらせましょうか?Hey!Say!JUMP!!』

Hey!Say!JUMP登場

ここから自己紹介開始。

<八乙女くん>

光『せっかくだから、自己紹介しましょう。じゃあ、八乙女から』
剛『ほんまおっきくなったな〜。昔は僕の胸ポケットにね入ってたのに』
八『あの時は温かかったです』
剛『(笑)』
光『もう声変わりした?』
八『はい。しました』
光『声変わりするとね、ジャニーさんに、Youおっさん臭いよって言われるよ』

<高木くん>
光『では、次・・・高木。たかぎじゃなくて、たかきなんだよね?』
高『はい、たかきです』

<岡本くん>
光『次は・・・皆さんびっくりすると思いますが、岡本健一さんの息子さんです!!どう?あんなにカッコいいお父さんって』
岡『普通です』
光一さんも剛さんもその答えに爆笑
光『そっか、普通かぁ。でもそんなもんなんかなぁ』

<有岡くん>
有『あっ、僕SHOCKで子供の頃の声やったことあります』
光『おっ。そうなんかぁ〜』

<知念くん>
光『プレゾンの舞台出てたよね?』
知『はい。初舞台だったんです』

<中島くん>

光『君もおっきくなったなぁ〜。身長いくつあんの?』
中『170くらい・・・』
剛『もうそのへんでええと思うで〜』

<山田くん>

山『あの・・・宣伝してもいいですか?』
光『おぉ、ええよ』
山『あの、僕1月から「1ポンドの福音」というドラマに出ます。良かったら見てください。』

<伊野尾くん>

光『えっと、いのう君?』
伊『いのお、です』
光『あぁ、ごめんごめん』
光一さん、頭ぽんぽん(笑)
伊『僕も、KinKiさんのバックで踊ってました』

<森本くん>

光『いやぁ〜もうね、はりのつやが違うね』
剛『はりのつやって。肌のツヤって言ってください』
光『もうね、年をとると重力に負けてくるんですよ』
剛『おばはんみたいなこと言わんといてくださいよ』
森『あっ、あのさっき話してたSHOCKの子供の声って、僕の弟です』
光『えっ、ほんま!?』
森『はい。』

<藪くん>

光『こいつの隣にはいたくねー』
そう言って離れる光一さん(笑)
藪『ちょ、そんなこと言わないでくださいよ。僕光一くんのこと尊敬してるんですから』
光『でも本当に大きくなったね』
藪『昔このくらいでした』
そう言ってしゃがむ藪くん。
光『ほんと、昔はね俺のキーホルダーだったのに』
八乙女くんは、つよの胸ポケットに入ってて、藪くんは光ちゃんのキーホルダーだったそうですよ(笑)

光『昔ね、僕の背中には羽根があるを、イントロで歌ってたよね。そのときはあんなにちっちゃかったのに・・・。何食った?』
藪『にぼしです』
光『にぼしくんだ!』
勝手に光ちゃん命名(笑)

藪『あっ、あの・・・自己紹介していいですか?』
実は結構喋ってたのに、自己紹介してなかったっていう(笑)
藪『えっと、にぼしくん・・・じゃなくて、藪宏太です!』

光『えぇ〜なんでここにHey!Say!JUMPがいるかっていうと・・・重大発表があるんです!』
剛『そう・・・僕らがHey!Say!JUMPに入ります!!』
中『すみません・・・一応平成生まれだけということなんで・・・』
剛『あぁ〜』←頭ぽんぽんしながら
はい、あっさり断られました(笑)

光『で、何歌ってくれるの?』
Hey!Say!JUMPメンバー『Ultra Music Powerです』
光『ウルトラ〜ウルトラ〜ジャンピング トゥナ〜イト♪って曲?』
Hey!Say!JUMPメンバー『違います。Jumping to my dream〜♪』←振り付きで説明
剛『光一さん、酒ひっかけてます?テンションおかしいですよ』
光『見てるだけで酒がすすむわ』
剛『ほんまおっさんまっしぐらじゃないですか』

光『あっ、俺も映ろうかな』
剛『いや、そこはね収録ですからカット出来るわけですからね〜』

光『もうね、ここからは君たちのステージだから好きに使って。お客さんもね、応援よろしくお願いします』
藪『ご協力お願いします』


そして収録終了。

光『ずっとそこ(バンドの方々がいる場所)でこうやってたのに(声援奪い=両手広げたポーズ)誰も気づかへん。Hey!Say!JUMPの声援奪ったろうと思ったのに』

光『そうそう、J(ジェィ)のあと何て言ってるの?』
藪『U(ユー)です』
光『YOU?』
藪『いや、JUMPのUです』
光『あぁ〜そっかそっか。いやぁ〜さっき聴いてる時さ、ジャニーさんの名前にYOUまで歌っちゃってるよ、すげー!って思ってさ(笑)そっか、JUMPのUね』

そしてJUMPはステージから捌けていきました。

それから、剛さん1人でピアノの方へ移動。
剛『今、Hey!Say!JUMPが歌ったから、俺は光一に歌おうかな〜』
会場からキャーの嵐
光『いらんて』

そしてピアノを奏で始める剛さん。

剛『あの〜ちょっとマイクスタンドやってもらってもいいですか?』
スタッフさん、マイクをずっと持ってました(笑)
光『俺はどうしたらいいん?』
剛『聴いててよ、僕からのラブソングを』
光『わかった、聴いとるわ』

そして剛さん歌い始めます。

♪愛してる 君を

しかし・・・

剛『う〜ん、なんか違うな』
そう言って、別のピアノに移動。
会場は大爆笑。

剛『じゃ、光一くんに捧げる歌・・・』


君が思うよりも
まだ大丈夫

大丈夫

君が思うより
大丈夫

老けてない

君が思うより
大丈夫

君は綺麗だよ

大丈夫
僕がいる

何時も何処にも
僕がいる

君を愛してる
君を愛してる
君を愛してる
君を愛してる

大丈夫
抜けてない

君はまだ
抜けてないよ

大丈夫
可愛いよ

大丈夫

君の毛根を愛してる
君の毛根を愛してる
君の毛根を愛してる

君の毛根
君の毛根
君の毛根

君の唇
愛してる

大丈夫

剛『どうやった?』
光『どうもこうもないわ』
剛『でも、毛根まで愛してくれる人、そういませんよ?』
光『うひゃゃ(笑)そうね、けねまで愛してくれる人、そういないね』
剛『ほんま貴重ですよ。けねまでですから』

しばらく毛根トーク炸裂(笑)

光『さ、そろそろ歌いきましょうか』
会場『えぇ〜!!!!』
光『君らそれ定番にしてるやろ!!君たちは何を見にきとんねん!コンサートを見にきとんのやろ?』
剛『コンサートじゃなくていつか、漫談でもやりましょか』
光『アホか、俺喋るの得意やないねん』
剛『いやいや、そこがおもしろいんじゃないですか』

ってな感じで、曲にいきました。

*ノー・チューンドの最後は光ちゃん1人でギターを弾くんですが、曲が終わると1人で声援奪いポーズ(笑)
1人で声援いっぱい浴びてました(笑)

*愛されるより愛したい、ではつよが光ちゃんが1人で歌うパートの時、声援奪い返し(笑)

*アンコールのメンバー紹介で『俺たち、キンキキーッズ!!』やってくれて・・・そのあと、つよが光ちゃんの方へ走っていって、光ちゃんに抱きつきましたぁvv(それもコアラ抱っこvv)

*99%〜の時、つよがカメラにチューしたり・・・2人とも地上に降りて走り回ってました!!
で、光ちゃんは曲が終わる頃にはセンターステージに戻って来てたんだけど、つよがいない!!
それにもうすぐ曲が終わって、みんなでジャンピング!の時が!!
つよ、走る走る!!
光ちゃんは『つよし〜!!つよし〜!!どこだ〜!!』と叫びまくり。

そして無事ステージにつよも戻ってきて、みんなでジャンピング♪

*最後の挨拶で、『また濃厚なキス・・・しような』と音付きチューをつよがプレゼントしてくれましたvv

*最後の最後、捌ける時・・・
剛『それでは皆さん、今度お逢いできる日まで・・・ふぁいふぁい』

そして、2人で片足をあげつつ、左右に跳び分かれてステージからいなくなりました。


以上、30日のMCレポでした。

長々と読んでくださった方、ありがとうございました。
そしてお疲れ様でした。

誤字、脱字などあるかもしれませんが、どうかご了承いただきたく思います(苦笑)
| コンサート・舞台レポ | 01:51 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 01:51 | - | - |
Comment








  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
qrcode

Recommend

39(初回限定盤)(DVD付)
39(初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
KinKi Kids
futariからの39が沢山詰まった素敵なアルバムです。

Recommend

どーもとモード (新潮ムック)
どーもとモード (新潮ムック) (JUGEMレビュー »)
KinKi Kids
つよの愛犬ケンちゃんも登場。2人の色んな面が見られる1冊です。

Recommend

若葉のころ DVD-BOX
若葉のころ DVD-BOX (JUGEMレビュー »)

友情をテーマにした、2人の共演作。